特徴について

現場作業などで使用されることが多い、無線機や無線リモコンはレンタルすることができ、最近では高機能な通信機器が多くあります。
無線機とはまず、どのようなものが思い浮かぶでしょうか?
実際には機会というものは生活の至るところにあって、私達の生活には欠くべからざるものであるのですが、誤解されがちなものもあります。
無線機を使用する時には例えば、手のひらより少し大きめの箱型の機会を使用して、ガーガーと鳴るようなノイズの中から相手の声を聞き取って、なんとかです、どうぞーって言っているような器械、すなわちトランシーバーだと理解している方が多いです。

トランシーバーは確かに無線機の中のひとつですが、トランシーバーという通信機器がその全てを代表としているわけではなく、これは一度トランシーバーを取っ払って無線機という文字だけを見てみることです。
線のない機械というような感じで、これこそが、無線機の定義となります。
線で繋がれていることを必要としていない通信機器というのはすべていわゆる無線に当てはまります。通信というものは人と人が何かの言葉などを使用してコミニケーションを取るということを際してるのではないです。
2つのものがあって、一方で働きかけをしてもう一つがそれに従って動くような関係性はさまざまなものにあります。

アーカイブ

Bookmarks